専門オペレーターによる
無料電話相談はこちらから

CAC療法ついて

CAC療法の施行に際して、
GENE CLINIC GROUPが
大切にしていること

GENE CLINIC GROUPでは治療前のインフォームド・コンセントを大事にしています。患者様の気持ちを第一に尊重し、モニターや資料を使い、CAC療法について、わかりやすく説明するように心がけております。治療につきましては、ご本人が十分に納得した上で治療合意があっての開始となります。( 説明のみを受けられる方も多数おられます。)
また、米国などで見られる最先端のクリニックの仕組みを取り入れ各クリニックには「医療コーディネーター」が常駐しています。患者様の心に寄り添った対応を心がけておりますので、相談しづらいこと、不安なことなどございましたら是非ご相談ください。
先端治療法だからこそ、詳しく説明しております。

GENE CLINIC GROUP

全国展開予定

GENE CLINIC GROUP

通院しやすい医院をご利用ください。

もう一歩先の治療を
探しているあなたへ

  • 治療法が見つからない
  • 抗がん剤治療を受けている
  • 手術前である
  • 今の治療に何かプラスしたい

CAC療法は現在治療中の方でも、
また標準治療が困難と言われた方でも
CAC療法を受ける事は可能であり、
効果が見込めます。

CAC療法の6つのメリット

CAC療法は、標準治療と異なるアプローチで
がん細胞の消失を促します。
さらに今の治療を妨げません。

  1. merit01

    痛み・副作用が少ない

    がん治療は「つらい」「痛い」と思われがちですが、CAC療法は副作用が少ないため、高齢者の方や、がんが進行した方でも治療が可能です。

  2. merit02

    再発・転移がんにも有効的

    点滴投与により全身に作用します。
    体に潜む再発・転移がん、予防にも有効的。
    実際治療実績の7割以上の方が、転移がんにお困りの患者様です。

  3. merit03

    ストレスフリーな治療

    CAC療法は主に「点滴治療」「局所注射」によって行われております。
    いずれも通院による治療のため、長期入院する必要がありません。仕事を続けたまま、生活環境を変えずに治療を続けていくことが可能です。

  4. merit04

    末期がん、どのステージのがんでも

    がん細胞を標的とした治療法なので、がんの大きさ、ステージ問わず治療を受けることができます。
    標準治療を受けることができず、緩和ケアを勧められていても、また、緩和ケア中であっても、まだ諦めないで下さい。

  5. merit05

    標準治療との相性がいい

    CAC療法と三大標準治療と併用することで様々な相乗効果が見込めます。
    抗がん剤の効かない薬剤耐性を持ったがん細胞への攻撃、放射線治療の補助、手術の取り残しやマイクロ転移にも高い効果が見込めます。

  6. merit06

    目に見えないレベルの
    小さながんにも効果が期待できる

    CAC療法は全身の細胞レベルで効果があり、マイクロ転移や微細ながん細胞からの再発予防やがん発生予防にも効果が期待できます。

CAC療法は

可能性の広がる先端医療です。

CAC療法のがん治療におけるメカニズム

CAC療法とはがんの抑制タンパクを使いがんを死滅に追い込んでいく治療に2006年にノーベル賞を受賞したRNAiを使った次世代医薬である核酸医薬を加えた治療です。

がん抑制タンパクががんの増殖を抑え、がんをアポトーシス(がん細胞の自殺)に追い込んでがんを消失させることは広く知られていますが、多くのがん患者様はがん抑制タンパクを作る遺伝子が欠損していたり、欠損していないがん患者様においてもそれを阻害するタンパク質を作ることで、がん抑制タンパクがほとんど働いていないことががん治療において問題となっています。

海外などで認可されているp53と呼ばれるがん抑制タンパクを点滴などで導入してがんを治療する方法も毎年高い効果などが論文で発表されていますが、当クリニックでは次世代医薬である核酸医薬をさまざまながん抑制タンパクに加えることによってがん抑制タンパクを阻害する物質を除去した状態でがん抑制タンパクを導入することに成功しておりさらに高い効果が期待されます。

がん抑制遺伝子が欠損し、がん化する細胞

細胞図

がん抑制機能を損失した、
がん細胞の大きな特徴

  • 栄養の過剰消費
  • 不死化
  • 無限分裂
  • 遠隔転移・浸透

がん細胞は抑制遺伝子が欠損したり、
阻害されることで暴走しつづけます。

CAC療法は、
がん化した細胞を正常なサイクルへ
戻す事を目的とした治療法です

治療図

がん抑制遺伝子が損傷し、がん化した細胞は正常な働きを失い、無限増殖、浸潤、転移していきます。

正常な遺伝子を導入することでそういった正常な働きを取り戻しがんを治療していきます。 がん細胞はすごく頭の良い細胞でがん細胞を殺しにくるタンパク質を阻止するためにそれを阻害するタンパク質をつくります。

当クリニックでは、それを次世代医薬と呼ばれる核酸医薬で阻害することを同時に行います。
標準治療で使われている抗体医薬品や低分子医薬品は出来てしまったタンパク質に対して影響を及ぼす薬であるのに対して、核酸医薬は出来る前に遺伝子レベルで働きかけることが出来る次世代医薬として注目されています。
それらのがん抑制タンパクを作る遺伝子や核酸医薬をベクターと呼ばれる運び屋に載せ、それを点滴や局所注射などでがん細胞まで運びがんを治療に導きます。

CAC療法の4つの効果に期待

バイスタンダーエフェクトをはじめ、
がん細胞の特徴に合わせた4つの効果が期待できます。

CAC療法の4つの説明

GENEクリニックの治療実績

一部症状を除き様々な症状でも治療が受けられます。

  • 大腸がん
  • 膵臓がん
  • 乳がん
  • 肺がん
  • 胃がん
  • 肝臓がん
  • 食道がん
  • 子宮体がん
  • 胆管がん
  • 咽頭がん
  • 胆のうがん
  • 子宮頸がん
  • 卵巣がん
  • 膀胱がん
  • 前立腺がん
  • 腎臓がん
  • 舌がん
  • 胸腺腫がん
  • 卵管がん
  • 小腸がん
  • 腹膜癌がん
  • 十二指腸がん
  • 腎盂がん
  • 腺様嚢胞がん
  • 顎下腺がん
  • 尿管がん
  • 甲状腺がん
  • 虫垂がん
  • 神経内分泌がん
  • 歯肉がん
  • 口腔がん
  • GIST
  • 中皮腫
  • 子宮肉腫
  • 乳房外パジェット
  • 悪性黒色腫
  • 平滑筋肉腫
  • 原発不明

※血液がん( 白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫)、脳腫瘍の症状は治療が受けられない可能性があります。事前にご確認ください。

※~2020年4月集計

専門オペレーターによる
無料電話相談はこちらから

治療の流れについて

  1. 無料電話相談

    医療コーディネーターへお繋ぎいたします。
    不安や疑問を打ち明けてください。

  2. 初診・
    インフォームドコンセント

    患者様、ご家族様の疑問や不安に対し、ご安心・ご納得いただくまでご説明させていただきます。疑問に思われたことは何でもお尋ね下さい。

  3. 初回治療・血液検査

    PET-CTで腫瘍の大きさや転移・再発などのチェック。血液検査で腫瘍マーカーをチェックして、CAC療法の効果測定をしております。
    ※提携先の検査機関などでPET-CTなどをとってもらう事もあります。

  4. CAC療法

    患者様の同意を得て治療を開始し、治療終了後にはおこなった治療内容と次回の治療予定をご説明し、治療は終了となります。

  5. 検査・効果測定

    主な判断基準はがんの大きさや腫瘍マーカーの値になります。
    この効果判定により今後の治療計画をご一緒に判断致します。

治療費について

項目 費用(税別)
初診
  • セカンドオピニオン
  • インフォームド・コンセント
12,500
CAC療法
(1クール目)
  • 患者会登録料
  • 治療技術料
  • 血液検査費
  • 腫瘍マーカー検査費
  • 治療タンパク・核酸医薬
1,400,000
CAC療法
(2クール目)
  • 治療技術料
  • 血液検査費
  • 腫瘍マーカー検査費
  • 治療タンパク・核酸医薬
1,400,000

CLINIC

  • GENE大阪クリニック
  • GENE東京クリニック

GENE大阪クリニック

診療時間
10:00
~
19:00
× ×

院長

仙波 治
大阪大学 医学部
元臨床教授

経歴

  • 1983年

    大阪国際がんセンター 耳鼻咽喉科 医員

  • 1991年

    市立川西病院 耳鼻咽喉科 医長

  • 2007年

    大阪市立大学医学部臨床教授

  • 2015年

    大阪大学医学部臨床教授

  • 2018年

    GENE大阪クリニック 院長

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4丁目15番18号
プラザ梅新 4階 B

JR 「大阪駅」 徒歩10分
JR東西線 「北新地駅」 徒歩5分
阪神電車 「梅田」 徒歩12分
京阪中之島線 「大江橋駅」 徒歩7分

GENE東京クリニック

診療時間
10:00
~
19:00
× ×

院長

並木 禎尚
東京慈恵会医科大学
臨床医学研究所 元准教授

経歴

  • 東京慈恵会医科大学・大学院卒

  • 東京慈恵会医科大学附属病院(国立がんセンター中央病院にて研修)

  • 東京慈恵会医科大学 臨床医学研究所 元准教授

  • GENE東京クリニック 院長

専門・業績

  • がん遺伝子治療 (1996年~)

  • がんドラッグデリバリーシステムの開発

  • 「強磁性中空骨格をもつ癌血管指向性ナノ粒子の創製」と「生体適合磁石の体内留置」を組み合わせた癌治療ドラッグデリバリーシステムの開発

  • 癌治療用次世代ドラッグデリバリーシステムの骨格となる磁性中空ナノクラスターの開発

受賞歴

  • 土屋文化振興財団 研究奨励賞

  • 武田科学振興財団 一般研究奨励賞

  • ライフサイエンス振興財団 研究奨励賞

  • 東京慈恵会医科大学同窓会 海外優秀論文賞

  • 池谷科学技術振興財団 研究奨励賞

  • The 11th International Conference on Ferrites, New Product & Novel Technology Award

  • など他多数

〒104-0061 東京都中央区銀座1-18-2 辰ビル 3F

都営地下鉄 浅草線「宝町駅」: 徒歩3分
東京メトロ 有楽町線「銀座一丁目駅」: 徒歩6分
東京メトロ 銀座線「京橋駅」: 徒歩6分

GENE CLINIC GROUPについて

がん治療は1つの方法に限らず、複数の方向から多角的な治療が必要です。
医療の発展や技術の進歩に伴い、世界中で新たな治療法が日々誕生しています。
国内でも最先端の治療を取り入れ、患者様に最良の結果をご提供できるようにGENEクリニックグループは常に最新の情報や技術を導入し一人一人の症状に合わせた「CAC療法」をご提供させて頂きます。

よくある質問

CAC療法について

  • なぜ転移がん・再発がんにも有意的な効果が期待できるのか
    がん細胞が隣接臓器やリンパ節に転移してしまったがんや、抗がん剤を服用したのに再発してしまったがんを標準治療で完治まで持っていくのは非常に困難を極めます。
    そもそも治療方法が無いと判断されるケースもあり、そうなると残されるのは痛みを取ることを目的とした緩和治療やホスピスという選択になってしまいます。
    加盟クリニックで行っているCAC療法は、転移がんや再発がんの方でも安心して治療を受けることができ、がん腫瘍が縮小すると共に手術や他の治療を受けられるようになることも期待が持てるため、完治を諦めずに治療を続けることができます。
  • 末期がんからでも完治を目指せるのか?
    CAC療法は末期がんと診断された方や医師から余命宣告をされた方でも諦めずに完治を目指せる治療方法です。
    一般的に末期がんの治療は抗がん剤で進行を抑えることを目的とした治療が行われますが、CAC療法はどんな状態であっても腫瘍の縮小や消失、さらには完全寛解を目標として治療を行ないます。患者様の希望によっては余命を伸ばすことを目的に治療するケースもありますが、まずは末期と診断されても諦めないことを強くお薦めします。
  • なぜ副作用がほとんど無く正常細胞に悪影響を与えないのか?
    その仕組みは治療薬剤の高分子ミセル化というDDS(ドラッグデリバリーシステム)だけでなく、テロメラーゼ逆転写酵素を利用してがん細胞に特異的に反応するような改良が施されたことで正常細胞へ悪影響を与えない治療が可能となりました。
    CAC療法の主な副作用は発熱や血圧低下、他にも治療薬剤へのアレルギー反応などがありますが、治療テスト期間を設けたり解熱剤を用いて極力抑えることができます。
  • インフォームドコンセント受診のために必要なものを教えてください
    当クリニックではより正確なご案内をさせて頂くために紹介状や診療情報提供書をお持ちいただくことをお願いしておりますが、掛かりつけの医療機関が自由診療に対して否定的な意見を持っている場合だと診療情報提供書を出して頂けない場合がございます。
    血液データや画像データだけでも構いません。まずはお気軽に当クリニックの医療コーディネーターまでご相談下さい。

CAC療法について

  1. 1.GENEクリニックグループに加盟するクリニックは、厚生労働省から承認がおりる前段階の治療タンパクを用いた医療を専門に扱う自由診療クリニックとなりますので、公的医療保険は適用されません。
  2. 2.GENEクリニックグループに加盟するクリニックのCAC療法は通常2クール計11回の通院治療を基本としていますが、患者様の状態により1クールで終了または3クール以降も継続する場合があります。
  3. 3.GENEクリニックグループに加盟するクリニックのCAC療法を、2クール継続して受けられた場合の標準的な費用は280万円で治療期間はおよそ2ヵ月半です。
  4. 4.GENEクリニックグループに加盟するクリニックで使用している治療タンパクは、一般社団法人細胞・遺伝子・染色体研究センターから患者様に必要な分だけを購入し、超低温フリーザーで厳重に管理・保管しております。
  5. 5.GENEクリニックグループに加盟するクリニックで使用している治療タンパクは、日本国内に同一成分や性能を有する承認薬はありません。

副作用について

GENEクリニックグループに加盟するクリニックのCAC療法による主なリスクや副作用として、治療タンパクによるアレルギー反応やアナフィラキシーショックが極稀(0.3%)に起こることがありますが、事前にアレルギー反応テストを行ない安全を確保した上で治療を開始します。
その他に、がん細胞への到達率を高めるための高分子ミセル化による副作用として、頭痛や発熱が起こる可能性があり(15%)、痛み止めや解熱鎮痛剤を服用することで症状を抑えています。
副作用が少ないため、QOL(生活の質)を落とさず治療を続ける事が可能です。

大事にしている事

GENEクリニックグループに加盟するクリニックでは適切かつ十分な情報を提供することに努めており、患者様からの要請には誠意のある対応を心掛けております。
その他ご不明な点がございましたら、平日10時から19時の間に、相談フリーダイヤル0120-630-778までお問い合わせ下さい。